なかむら9条の会

平和が好き! 憲法9条が好き!

最近の活動+「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」

昨年の夏から、なかむら九条の会の活動は、戦後レジゥムからの脱却を叫び、再び日本を戦争のできる国にしたいというアベ内閣が強行採決した『戦争法(安保法)』の廃止と、民主主義へと憲法と国民の敵…であることが明らかとなったアベ内閣の退陣を求めて、休むことなく月2回のスタンディングデモ(現在は第2、第4土曜日、4月からは金曜日17時半からに変更)と19日統一行動を続けています。

 

f:id:simanto114:20160316153312j:plain

                         写真は3月6日/宿毛で開いた反戦・平和コンサート

宿毛湾の見える公園で、地元の音楽愛好家が集まり、自慢の腕とのどを披露しました。

当日は少し風があり肌寒かったのと、集まりがあまりよくなかったのが残念でした。

 

f:id:simanto114:20160316153353j:plain

              なかむら九条の会の立て看板も12枚になりました。

なかむら九条の会は、4月17日に第3回総会を予定しています。

冬眠していた会が再結成されてから、約1年半になろうとしています。

その間に12枚の看板を立てたのは、自画自賛ですが、よく頑張ったなあ…と思います。

しかし、四万十市は広い。もっともっと資金と場所の提供をいただいて土佐路を『憲法9条守れ』の看板で埋めたいものです。

 

ところで、高知の集会にも参加してくれた可愛い女の子たち…制服向上委員会が、脱原発の歌を出して、評判になっているようです。

いかに、その歌詞を紹介します。この歌から元気をもらいたいものです(nakamura9)

 

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会

ダッ!ダッ!脱・原発 ダッ!ダッ!脱・原発
ダッ!ダッ!脱・原発 ダッ!ダッ!脱・原発

それはそれは とても許せないお話
例え例え 国の政策だとしても
危ない事が 起きてしまったのに嘘ついて
直ちに人体に 影響はないなんてネ 

それがそれが 素晴らしい発明だとしても
それはそれは 習わない言葉が溢れ
ベクレル セシウム メルトダウンにタービン建屋
モニタリングに 高い マイクロシーベルト

もう 忘れないから  原発推進
安全だったら  あなたが住めば良い
みんなに迷惑かけちゃって
未熟な大人で  はずかしいよネ

ダッダッダッダッ脱!   原発を!
ダッダッダッダッダツ   大きな声で
世界へ向けて叫ぼう    危険な現実を

こんな時も 政治家さんはダメですネ
いつもいつも 富と名誉のことばかり
自然を生きる 渡り鳥たちには想定外(想定外です!)
避難地域が  どこからどこかわからない

もう 忘れないよ  原発事故のこと
覚えておこう    被害の大きさ
大地と海 2次災害 人の心にまで

ダッ!ダッ!脱・原発 ダッ!ダッ!脱・原発

私たちは忘れない 原発事故の事

忘れないから  原発推進
安全だったら  あなたが住めば良い
みんなに迷惑かけちゃって
未熟な大人で  はずかしいよネ

ダッダッダッダッ脱!   原発を!
ダッダッダッダッダツ   大きな声で
世界へ向けて叫ぼう    危険な現実を

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
にほんブログ村